育毛剤の効果と種類

現在、抜け毛問題に悩んでいる人はますます多くになっています。とりわけ男性の方は仕事に差し迫られ、ストレスを溜まり、抜け毛問題もさらに深刻になっているようです。育毛剤はある程度にその問題を改善できます。育毛剤とは、現存する毛髪に影響を与え、抜け毛の防止・予防を行い髪の成長を促進させることを目的として開発、販売されているもののことです。一般的に市販されている育毛剤に含まれる有効成分の多くはほとんど同じ、多くの育毛剤に血行促進剤であり、塩化カルプロニウム、ビタミンC誘導体、イチョウエキスなどが入っています。 ここでは、育毛剤の主な種類ついての解説やどのタイプがどの育毛剤を使った方がいいのかなど、自分に合った育毛剤の正しい選び方をご紹介します。

■抜け毛が気になり始めた方は血行促進型。
ミノキシジル、フロジン液といった成分が有効的。
毛細血管を拡張させ、血流を良くします。特に後頭部の薄毛に悩む方に効果的。

■生え際と後頭部が気になり始めた方は男性ホルモンの抑制型。
女性ホルモンを含んだタイプが効果的。

■髪が細くなってきた方は毛母細胞の活性型。
ペンタデカン酸グリセリドの成分が有効的。
髪の毛の根(毛根)に栄養を与え、太くコシのある髪の毛を育てて行きます。
前頭部の薄毛に悩む方に効果的。